ポケモンサン・ムーン(SM)〜バトルしようぜ!〜

ポケットモンスターサン・ムーンの対人戦に関する情報を中心にまとめたブログ

レート対戦

ポリゴン2の持ち物や技構成など…流行っている型と対策について【シングルレート】

 

進化の輝石弱体化などのデマがありましたが、決してそんなことはなく、相変わらずサンムーンでも大活躍しているポリゴン2。

 

今回は鬼畜すぎる耐久をもつポリゴン2について書いていきます。

 

 

スポンサーリンク

安定のクッション役

 

進化の輝石を持たせたポリ2の耐久は凄まじく最早チートレベルです。

 

物理受け特化の個体でも陽気A252メガルカリオの飛び膝蹴りを87.5%〜104.1%と乱数1発 (31.3%)

 

意地っ張りA252命の珠フェローチェの飛び膝蹴りも89.5%〜105.7%と乱数1発 (25%)と確定で倒すことができません。

 

Dに無振りであるとしても、生半可な特殊技なら余裕で2耐えする耐久を持っているので、選出によってはポリ2で積んでしまう危険性もあります。

 

上記+自己再生も所持しているのでまさに鬼に金棒です。

 

メジャーな構成技は 毒々/自己再生/冷凍ビーム/放電 あたりでしょうか。

 

またトリックルームも使用できるため、鈍足アタッカーがパーティーにいる場合は要注意です。

 

特性ダウンロード対策の重要性

 

ポリ2の特性はトレースとダウンロードの2パターンいますが、レートではこの2特性がバランスよく存在している印象です。

 

特性がダウンロードですと、トライアタックシャドーボールの所持率が増え、中にはめざめるパワー(炎)をもっているケースもあります。

 

C1段階上がっているポリ2の火力はバカにならないので、パーティでのダウンロード対策はできるならした方が懸命です。

 

防御・特防の種族値が同じで、努力値のあまりの4をどちらかに振るケースなどの場合、特防に振ってあげることでポリ2のC上昇を防ぐことが可能。

 

地味ですがポリ2の個体数が多い現在では大事な対策です。

 

ポリゴン2対策におすすめのポケモン

 

積み技を駆使した超火力で葬り去るか、毒々をお見舞いするのが無難な対策であると思います。

 

 

マリルリ

マリルリ

 

腹太鼓から6段階したAから放たれるじゃれつくで確定1発で倒せます(陽気マリルリなら乱数)。

 

壁などのお膳立てがあると腹太鼓しやくすなります。1撃耐えることができれば腹を叩ける腹太鼓Zも非常におすすめ。

 

じゃれつくを上から撃つために、素早さ調整で4振りポリ2を抜けるよう性格補正なしでS92振り(実数値82)するのもおすすめです。

 

 

毒ガルド

 

ギルガルド

毒々を入れることができればこっちのものです。こちらは鋼タイプなので毒々を入れられることはありません。

 

ただ、毒々型のギルガルドは非常に流行っているため、あからさまに合わせると読まれる可能性もあります。

 

 

アロマセラピー・リフレッシュ持ちの耐久ポケモン

ハピナス

 

ポリゴン2の特殊技を受けきれ、なおかつ毒々を回復できる上記の技を覚えていれば、ポリ2を完封できます。

 

一方的に毒々を御見舞してやりましょう。

 

ブラッキーやラッキー、ハピナスあたりがおすすめです。

 

 

挑発もち

バルジーナ

 

毒々や自己再生を封じつつ、積み技や逆に毒々で負担を与えていきます。

 

ただ、最近のポリ2は電気技を持っている可能性が高いため、メガギャラドスやバルジーナは弱点をつかれます。

 

ダウンロードでCが上がってしまったり、放電の麻痺のリスクを考えるとあまり安定しないかもしれません。

 

メガルカリオなどの格闘ポケモン

メガルカリオ

 

上記でも触れましたが、タイプ一致のインファイトor飛び膝蹴りで受けきれないダメージを与えます。

 

先発ポケモンやサイクルを回す中でポリ2を削れていれば、1撃で倒すことも可能です。

 

はたき落とす

ベトベトン

ポリ2の鬼耐久を支えている進化の輝石を排除しましょう。

 

教え技が解禁していない現在では、はたき落とすを使えるポケモンが極限られているのでポリ2が急増している原因にもなっています。

 

アローラベトベトンが無難におすすめです。

 

 

スポンサーリンク

-レート対戦