ポケモンサン・ムーン(SM)〜バトルしようぜ!〜

ポケットモンスターサン・ムーンの対人戦に関する情報を中心にまとめたブログ

レート対戦

ミミッキュの持ち物や技構成など…流行っている型と対策について【シングルレート】

 

新作発売前から強いと騒がれていた特性化けの皮を持つミミッキュですが、案の定レート対戦でも大人気です。

 

今回はそんなミミッキュについて触れていこうと思います。

 

 

スポンサーリンク

1ターンの猶予が与えられている強特性「化けの皮」

 

この特性のおかげで、1ターン行動する猶予が与えられるため、剣の舞を用意に積むことが可能となっています。

 

トリックルームも使用できるため、パーティーに鈍足アタッカーがいる場合は警戒が必要です。

 

ただこの特性は身代りとは違い、変化技や技の追加効果は普通に受けます

 

メジャーな技構成はじゃれつく/シャドークロー/剣の舞/かげうちとなります。

こなせる仕事が増えるきあいのタスキ型

 

特性と合わると2回行動の機会が作れるので、行動の幅が広がります。

 

素早さが負けている相手にも最低2舞は可能で、かげうち圏内に入れば後続しだいで全抜きも可能です。

 

トリックルームを張ったり鬼火を撒いたもしやすくなります。

 

 

火力の底上げ命の珠型

 

物理アタッカ-としては物足りない種族値90を補う意味でも命の珠は効果的であり、レート対戦でも非常にポピュラーな型です。

 

剣の舞から素早さが勝っている相手にならじゃれつく・シャドークロ+かげうちの決定力が増します。

 

上から殴る機会を増やしたいため性格は陽気の最速個体多いと思います。

 

スカーフ以外のカプ・テテフを上からシャドークローで確定1なのも強みですね。

 

1舞すればHB特化のバルジーナもじゃれつくで確定1発です。

 

 

ゴーストZorフェアリーZ

 

瞬間的に技の威力がほぼ2倍に跳ね上がるので、ココぞという時に脅威になります。

 

1舞後で弱点をつける相手ならば、ほぼすべての相手を1撃で葬ることが可能。

 

Z技は非接触技なので、ゴツゴツメットや鮫肌などの接触ダメージを受けないのも地味においしいところです。

 

 

おすすめの対策ポケモン

 

特性「化けの皮」をいかに対処するかが鍵となります。

 

メガギャラドス

メガギャラドス

特性「型破り」で化けの皮を無効化します。陽気A252の1舞滝登りで無振りミミッキュを確定1発です。

 

対面での動きとしては、1ターン目はメガ進化せず龍の舞を積み(じゃれつく警戒)、2ターン目でメガ進化し攻撃してゆくのがベターでしょう。

 

 

パルシェン

パルシェン

連続技で本体にダメージを入れることができます。殻を破るで積み起点にすることも可能です。

 

ちなみに殻を破らずとも、A特化パルシェンのつららばりで無振りミミッキュ1ターンで沈めることが可能です。

 

 

テッカグヤやメガハッサムなどの鋼ポケモン

テッカグヤ

 

ミミッキュのじゃれつくを半減できるため止まりやすいです。

 

化けの皮を剥がした後、本体に鋼攻撃を打ち込んでやりましょう。

 

無振りミミッキュを相手に仮定した場合、メガハッサムならA補正ありの努力値20振り以上(実数値190)のバレットパンチで確定1発。

 

テッカグヤのヘビーボンバー(威力120)に関しては言えば、個体0・性格マイナス補正・努力値無振だとしても確定1発です。

 

スポンサーリンク

-レート対戦