ポケモンサン・ムーン(SM)〜バトルしようぜ!〜

ポケットモンスターサン・ムーンの対人戦に関する情報を中心にまとめたブログ

レート対戦

ギャラドスの持ち物や技構成など…流行っている型と対策について【シングルレート】

 

ギャラドスはレート対戦で非常に見かけるポケモンです。

 

今回は威嚇撒きでサイクル戦いにも強く、龍舞で抜きエースにもなれるギャラドスに焦点を当てていきたいと思います。

 

 

スポンサーリンク

ゴツメギャラはあまりいない印象

ゴツゴツメット

 

耐久に厚く振ってゴツゴツメットを持たせたいわゆるゴツメギャラ。

 

サイクル戦いにも強く、場合によっては電磁波や毒々を搭載した型は非常にポピュラーでしたが、今作のレートではあまり見かけません。

 

 

圧倒的に数が多いメガギャラドス

メガギャラドス

現在ミミッキュが非常に多い環境なので、特性である化けの皮を貫通できるメガギャラドス(型破り)が現在のレートの主流となっています。

 

構成技は主に龍の舞/地震/氷の牙/滝登りといったところでしょうか。どれかを削って挑発を入れている個体も存在します。

 

持ち物は勿論ギャラドスナイトで、性格は1舞した時に130族が抜けるよう陽気が大半を占めています。

 

 

メガギャラドス対策におすすめのポケモン

 

 

対策としては舞われても受けきれる耐久ポケモンを繰り出すがメジャーな対策です。

 

 

バルジーナ

バルジーナ

腕白(図太い)HB252バルジーナなら陽気A252メガギャラの氷の牙を2耐えすることが可能です。

 

バルジーナを後出し時に舞われてしまっても、ゴツメダメージ+イカサマで競り勝てることが多いです。

 

急所や氷づけ、怯みなどがあると勝てません。まぁ勝率は7~8割といったところでしょうか。

 

 

ポリゴン2

ポリゴン2

とにかく硬い輝石ポリ2。

 

物理耐久特化型のポリ2ならメガギャラの1舞滝登りも2耐えが可能。

 

さらに特性がトレースなら、後投げの際に威嚇が入れられるので安定して受けられます。

 

ギャラ相手の場合、現在の環境ではダウンロードでCが上がる可能性はあまり期待できないので、ギャラを安定して受けたいなら特性はトレースがおすすめです。

 

ただポリ2の場合、教え技で取得できるイカサマが解禁されていないため、有効打がないと基点にされます。

 

放電や10万ボルトなどの電気技は欲しいところです。

 

 

スカーフコケコ

カプ・コケコ

メガギャラに舞われてしまっても、スカーフコケコなら上を取ることが可能なため、ストッパーの役割を果たしてくれます。

 

準則スカーフなら最速1舞メガギャラを上から殴れ、陽気でS228以上のスカーフ持ちなら最速2舞メガギャラの上を取れます

 

ただ、特殊コケコで10万ボルトを打つ場合、無振りのメガギャラはエレキフィールド込みでも乱数1発となります。(臆病c252コケコの場合37.5%,

控えめc252コケコで81.3%)

 

よって確実に倒したいなら少しでもダメージを削っておきたいところです。

 

 

余談

 

これまで対戦して当たったギャラドスの中には珍しい型のギャラドスも何回か見かけました。

 

その中で特殊ギャラドスなるものが存在して意表を付かれた経験が2回ほどありました。

 

持ち物は眼鏡かチョッキ、食べ残しあたりでしょうか?定かではありませんが、技構成は熱湯/大文字/10万ボルト/暴風あたりだった気がします。

 

中でも環境にもそこそこ存在しているマッシブーンを暴風で一撃で葬れるのはとても強みであると思いました。まぁ当たれば…。

 

電気技があればギャラドスミラーにも強いですし、特殊ギャラも結構面白いなぁと思いました。

スポンサーリンク

-レート対戦