ポケモンサン・ムーン(SM)〜バトルしようぜ!〜

ポケットモンスターサン・ムーンの対人戦に関する情報を中心にまとめたブログ

レート対戦 新要素・仕様変更

シーズン1で活躍しそうな注目ポケモン【バンク解禁前】

2016/11/29

 

発売前に解析やフラゲによる情報で新ポケモンの詳しい情報などがネットで飛び交っていますね。

 

今回はバンク解禁前にあたるシーズン1、つまりアローラ地方で入手できるポケモンの中からレート対戦で使えそうな強いポケモンをピックアップしてみました。

 

スポンサーリンク

ペリッパー

 

種族値

HP 攻撃 防御 特攻 特防 素早さ
60 50 100 95 70 65

タイプ/水・飛行

 

特攻が+10アップし、特性あめふらしを新たに取得。

 

雨下で強力なハイドロポンプに加え、雨下で必中のぼうふうを覚えるのでアタッカーとしてかなり優秀に。

 

とんぼがえりも覚えるので、こだわりアイテムとの相性もGOOD。

 

あめふらしの特性に加え、おいかぜワイドガードなども覚えるのでダブルバトルでも活躍してくれそうです。

 

あめふらしと好相性の特性「すいすい」を持つポケモン(inアローラ)

 

ゴルダック/ネオラント/ニョロボン(夢特性)/アズマオウ/アバゴーラ(夢特性)/ジーランス/キングドラ

 

※すいすい…雨下で素早さ2倍

 

 

コータス

 

種族値

HP 攻撃 防御 特攻 特防 素早さ
70 80 140 85 70 20

タイプ/炎

 

新たに特性ひでりを取得。炎技の火力UPで侮れないポケモンになりました。

 

相手全体技であるねっぷうを覚え、さらに遺伝技ではありますがふんかも覚えるので、ダブルバトルでも活躍してくれそうです。

 

 

 

ツンベアー

 

種族値

HP 攻撃 防御 特攻 特防 素早さ
95 130 80 70 80 50

タイプ/氷

攻撃が+20上昇し、新特性であるゆきかき(あられ時素早さ2倍)を取得。

 

陽気の最速個体であれば、あられ下で素早さ実数値が224となり、最速の150族まで抜くことが可能です。

 

※追記 ツンベアーはアローラ地方で入手できませんでした。

 

キュウコン(アローラの姿)

 

種族値

HP 攻撃 防御 特攻 特防 素早さ
73 67 75 81 100 109

タイプ/氷・フェアリー

 

通常種に比べ、攻撃の種族値が9下がった代わりに素早さが9上昇。さらに特性ゆきふらしを取得しました。

 

フェアリータイプの追加により強力なドラゴンタイプに強くなったのも良いですね。

 

新特性のゆきかきとの相性もよく、あられ下でのみ使用可能な新技のオーロラベールで5ターンの間、味方のポケモンへのダメージを半減することができます。

 

また、同じ特性ゆきふらしのポケモンにはバイバニラがいます。

 

バイバニラ種族値

HP 攻撃 防御 特攻 特防 素早さ
71 95 85 110 95 79

 

第7世代から新たに特性ゆきふらしを取得したバイバニラ。

 

キュウコン(アローラ)に比べ素早さは低いものの、特攻が高いのが特徴です。

 

ゆきふらしと好相性の「ゆきかき」を持つポケモン(inアローラ)

 

サンドパン(アローラの姿)

 

※ゆきかき…あられ下で素早さ2倍

 

ゴローニャ(アローラの姿)

 

種族値

HP 攻撃 防御 特攻 特防 素早さ
80 120 130 55 65 45

タイプ/岩・電気

 

通常種と種族値の変更はないものの、タイプが変更になり、さらには新特性であるエレキスキンを取得。

エレキスキンから繰り出されるすてみタックルや大爆発の火力は圧巻の一言。

 

 

※ 追記  特性○○スキンの与えるダメージ量が1.3から1.1倍に下方修正されたようです。

 

 

トリックアタッカーとして運用したり、地面の4倍弱点を補うために風船を持たせると良いかもしれません。

 

 

ガラガラ(アローラの姿)

 

種族値

HP 攻撃 防御 特攻 特防 素早さ
60 80 110 50 80 45

タイプ/炎・ゴースト

 

タイプが大幅に変更され、特性ひらいしんを取得。

 

麻痺にも火傷にもならない優秀なアタッカーであり、ガラガラ専用アイテムであるふといホネを持たせることで攻撃力が2倍になります。

 

素早さが遅いので、トリルアタッカーとしての運用が望ましいかもしれません。

 

ベトベトン(アローラの姿)

 

種族値

HP 攻撃 防御 特攻 特防 素早さ
105 105 75 65 100 50

タイプ/毒・悪

 

カラフルな見た目で注目を集めているアローラベトベトンですが、新特性のかがくのちからを取得。倒された仲間の特性に変化します。

 

タイプに悪が加わったことで味方の特性ふゆうを引き継ぐことができれば、弱点が実質なくなります。(かたやぶりに注意)

 

 

タイプ:ヌル

 

種族値

HP 攻撃 防御 特攻 特防 素早さ
95 95 95 95 95 59

タイプ/ノーマル

 

進化の輝石を持たせて運用するのが一般的だと思われます。ポリゴン2より高い耐久に加え、特性カブトアーマにより急所にあたりません。

 

ただし、回復技が眠るしかないため少々動きづらいかもしれません。一応ではありますが、寝言も覚えます。

 

 

メガボーマンダ

 

種族値

HP 攻撃 防御 特攻 特防 素早さ
95 145 130 120 90 120

タイプ/ドラゴン・飛行

 

orasでも強力なポケモンであったメガボーマンダ。スカイスキンの弱体化(威力1.1倍)は痛いですが、素早さの仕様変更により1ターン目からメガ進化後の素早さが適応されるようになったので、かなり動きやすくなりました。

 

1ターン目でガブリアスを上から殴れるようになったのはかなり大きいとですし、メガ進化を急ぐ必要がなくなったため、進化前の特性いかくを使い回しやすくなりました。

 

メガゲンガーやメガガルーラなどのメガ枠がその他の仕様変更により弱体化したこともあり、メガボーマンダの需要はさらに高いものになりそうです。

 

素早さ決定の仕様変更により影響を受けるメガ進化ポケモン(inアローラ)

 

メガ後に素早さ種族値が上がるメガポケモン

 

メガゲンガー/メガガルーラ/メガフーディン/メガプテラ/メガルカリオ/メガハッサム/メガサメハダー/メガオニゴーリ/メガカイロス/メガメタグロス/メガアブソル

 

上記のメガポケモンは仕様変更の恩恵を受けるポケモンたちです。

 

メガ後も素早さ種族値が変わらないポケモン

 

メガギャラドス

 

メガ後に素早さ種族値が下がるポケモン

 

メガガブリアス/メガヤミラミ

 

素早さに関して言えば仕様変更により弱体化したポケモンです。

 

 

ドデカバシ

 

種族値

HP 攻撃 防御 特攻 特防 素早さ
80 120 75 75 75 60

タイプ/ノーマル・飛行

 

種族値自体は決して恵まれているわけではありませんが、技範囲が非常に広く、タネマシンガンやロックブラスト、さらにニトロチャージやオーバーヒートといった炎技まで覚えます。

 

特性のスキルリンクにより、連続技ともシナジーがあるのも良いですね。とんぼがえりを覚えるためこだわりアイテムとの相性が良い点も見逃せません。

 

そして興味深いのはドデカバシの専用技であるくちばしキャノン

 

優先度-3の技であり、技を出す前に直接攻撃を受けた場合、相手をやけど状態にする威力/命中ともに100ある技です。

 

物理アタッカーの牽制にもなりますし、回復技であるはねやすめを覚えるドデカバシにとっては面白い技と言えるでしょう。

 

 

グソクムシャ

 

種族値

HP 攻撃 防御 特攻 特防 素早さ
75 125 140 60 90 40

タイプ/水・虫

 

素早さの遅いグソクムシャですが、優秀な先制技を数多く覚えるポケモンです。

 

アクアジェットにふいうち、さらにグソクムシャの専用技であり新技でもあるであいがしらは、出た最初のターンにしか成功しない威力90/虫タイプの先制物理技(優先度+2)です。

 

威力が大幅に上昇したきゅうけつ(威力80)や一度積めれば強力なつるぎのまいも覚えます。

 

新特性であるききかいひは、HPが半分以下になると強制的に手持ちのポケモンと交代になる特性です。

 

クセのあるやっかいな特性ですが、専用技のであいがしらを撃つチャンスが増えるので、あながちマイナス特性というわけではないと思います。

 

ミミッキュ

 

種族値

HP 攻撃 防御 特攻 特防 素早さ
55 90 80 50 105 96

タイプ/ゴースト・フェアリー

 

弱点はゴーストと鋼のみと優秀な耐性を持つミミッキュ。

 

耐久は高くありませんが、特性のばけのかわにより最低でも1度は行動する機会を作れます。

 

つるぎのまいを覚えるので、じゃれつく、シャドークロー、ウッドハンマー、きゅうけつなど技を使う攻撃型が考えられます。

 

先制技であるかげうちを覚えるのも優秀ですね。

 

きあいのタスキを持たせれば、最低でも2回行動を取ることができます。つるぎのまいをもう一回積むも良し、おにびやのろいなどの変化技をするも良しと使い勝手がよさそうです。

 

素早さもそこそこあるので、行動機会の確保にはうれしい限りですね。

 

ヤレユータン

 

種族値

HP 攻撃 防御 特攻 特防 素早さ
90 60 80 90 110 60

タイプ/ノーマル・エスパー(ムーン限定)

 

ゴースト無効に弱点は虫・悪だけと優秀な耐性を持つヤレユータンは、一言で言えばダブルバトルに特化したポケモンといえるでしょう。

 

特性は味方の全体攻撃を無効化できるテレパシー、ねこだましなどの怯みを無効にできるせいしんりょくとダブルバトルにうれしい特性となっています。

 

そして専用技のさいはいは、味方ポケモンが直前に行なった技を再び使用させることができます。

 

つまり、さいはいで指示されたポケモンは1ターンに2回同じ技を放つことができるのです。

 

ダークホールなどの命中率が低い技を使用させるのも良し、有用な追加効果を2回発動させるも良し、単純に高火力技を2回相手に押し付けるも良しと、かなり強力ですね。

 

トリックルームや両壁、さらには新技であるサイコフィールドといった技も使いこなすことが可能です。

 

ナゲツケサル

 

種族値

HP 攻撃 防御 特攻 特防 素早さ
100 120 90 40 60 80

タイプ/格闘 (サン限定)

 

新特性であるレシーバーにより倒れたポケモンの特性を引き継ぐことができます。

 

かなり応用の効く特性で、臨機応変にバトルに対応することが可能です。

 

メガガルーラのおやこあいなどを引き継げば、強力なアタッカーになれます。

 

バンク解禁後のヌケニンのふしぎなまもりやマリルリなどのちからもちの引き継ぎも強力といえるでしょう。

 

格闘のメイン技であるインファイトに加え、とんぼがえりも覚えるので、中途半端な素早さを補うスカーフなどの運用もできます。

 

ドヒドイデ

 

種族値

HP 攻撃 防御 特攻 特防 素早さ
50 63 152 53 142 35

タイプ/水・毒

 

防御・特防共に非常に高い数値を持つ耐久ポケモン。HPがかなり低めなので努力値振りは必須かもしれません。

 

専用技のトーチカはまもる+直接攻撃した相手を毒にする効果を持ちかなり使い勝手が良さそうですね。

 

さらに新特性であるひとでなしは、毒状態の相手に対して自分の攻撃が急所に当たりやすくなる特性で、トーチカとの相性も抜群です

 

ただ、攻撃・特攻共に低めの種族値なのが残念ではあります。

 

夢特性にはさいせいりょくがあり、耐久ポケモンとのシナジーも抜群。ゴツゴツメットなどを持たせて運用するのもありかと思います。

 

毒を撒きつつベノムトラップで後続ポケモンの起点を作ることもできますし、タマゴ技で覚えるくろいきりで起点を回避することも可能です。

 

 

オドリドリ

 

種族値

HP 攻撃 防御 特攻 特防 素早さ
75 70 70 98 70 93

タイプ/飛行・炎(めらめら)  飛行・電気(ぱちぱち)

飛行・エスパー(ふらふら) 飛行・ゴースト(まいまい)

 

4種類のフォルムがあるオドリドリには新特性であるおどりこという面白い特性があります。

 

味方・敵に限らず場にいるモンスターが踊り技を使った時、その技を直後に使えるというオドリドリらしい特性です。

 

相手の踊り技の牽制にもなりますし、バトンタッチも覚えるので、うまく活用できれば能力を後続ポケモンに引き継ぐことも可能です。

 

特性「おどりこ」の対象となる技一覧

 

つるぎのまい/ちょうのまい/はなびらのまい/りゅうのまい/みかづきのまい/りゅうのまい/ほのおのまい

フェザーダンス/フラフラダンス/めざめるダンス(新技)

 

 

アブリボン

 

種類

HP 攻撃 防御 特攻 特防 素早さ
60 55 60 95 70 124

タイプ/虫・フェアリー

 

虫・フェアリーは初めての複合タイプであり、素早さが高いのが特徴でもあるアブリボン。

 

特攻も95とそこそこあり、ムーンフォースやちょうのまいといった技を覚えます。

 

専用技であるかふんだんごは、威力90/命中100で虫タイプの特殊技ですが、対象が味方になると回復技に変わり、ダブルバトルで臨機応変に使えそうな技ですね。

 

特性はみつあつめ/りんぷん/スイートベールとあります。

 

みつあつめに関してはバトル上で何も効果が特性ですが、スキルスワップを覚えので、相手に無理矢理特性を押し付けることも可能です。

 

ねむりごなを覚えないのは少し残念ではあります。

 

エンニュート

 

種族値

HP 攻撃 防御 特攻 特防 素早さ
68 64 60 111 60 117

 

タイプ/炎・毒

 

新アローラポケモンは軒並み素早さが遅いポケモンが多い中、特攻・素早さと共に高いエンニュートの使い勝手はとても良さそうです。

 

新特性のふしょくにより鋼タイプ相手に毒が入れられるのもは面白いですね。炎の複合タイプなので鋼はあまり呼びませんが…

 

かえんほうしゃ、だいもんじ、ヘドロばくだんといった技も無難に覚えるので、高速アタッカーとして素直に使えそうです。

 

一方で、アンコールやかなしばりなどの変化技も覚えるので、素早さの高さがより強みに。

 

さらにねこだましも覚えるので、ダブルバトルでも活躍できそうですね。

 

 

キテルグマ

 

種族値

HP 攻撃 防御 特攻 特防 素早さ
120 125 80 55 60 60

タイプ/ノーマル・格闘

 

HP・攻撃と高い種族値を持ち、新特性もふもふのおかげで直接攻撃半減(その代わり炎技は2倍)になるため、物理方面の耐久は相当なものです。

 

あばれる/すてみタックル/ばかぢから/アームハンマーとしっかり高火力のタイプ一致技も完備。

 

さらにかみなりパンチ/れいとうパンチ/いわなだれ/シャドークロー/じしんと技範囲も広いです。

 

低い特殊防御を補うためにとつげきチョッキを持たせることでより活躍してくれそうですね。

 

ダダリン

 

種族値

HP 攻撃 防御 特攻 特防 素早さ
70 131 100 86 90 40

タイプ/草・ゴースト

 

鈍足ながら高い攻撃力を誇るのが特徴のポケモン。

 

新特性であるはがねつかい鋼技の威力が上がる特性(恐らくタイプ一致の1.5倍)であるため、ゴースト/草/鋼の3つのタイプの技をタイプ一致で使えます。

 

ジャイロボールやパワーウィップ、ゴーストダイブなどを軸に戦っていくことになるでしょう。

 

また専用技であるアンカーショットは、威力80/命中100の鋼物理技で、攻撃を受けた相手は交代ができなくなります。

 

じしんやいわなだれ、つるぎのまいなどの他にすりかえも覚えるので、こだわりアイテムを押し付けることも可能です。

 

鈍足なのでトリルアタッカーとして使うと強いかもしれませんね。

 

 

カプ・コケコ

 

種族値

HP 攻撃 防御 特攻 特防 素早さ
70 115 85 95 75 130

タイプ/電気・フェアリー

 

弱点が毒・地面のみと耐性も優秀であり、メガゲンガーと同速である素早さ130族というのも見逃せません。

 

新特性エレキメーカーにより睡眠対策+電気技の火力上昇を実現(地面にいるポケモンのみ)。

 

自身が覚えるあまごいで雨を降らせれば、必中のかみなりの威力が1.5倍にになります。雨パとの相性も良いかもしれません。

 

やや物理アタッカー寄りの種族値をしているので、メインウェポンはワイルドボルトになりますが、フェアリーの物理技代表であるじゃれつくは覚えません…。

 

タイプ不一致ではありますが、ブレイブバードも覚えるようです。

 

サイクル戦を意識するならボルトチェンジも欲しいところなので、両刀も考えられますが、電気技の安定性やめざめるパワ-、くさむすび、マジカルシャインなどのサブウェポンのことを考えると、思い切って特殊型にするのも手かもしれませんね。

 

ちなみにカプ系全てに共通する夢特性はテレパシーのようです。

 

 

カプ・テテフ

 

種族値

HP 攻撃 防御 特攻 特防 素早さ
70 85 75 130 115 95

タイプ/エスパー・フェアリー

 

特攻が非常に高いのが特徴のカプ・テテフは新特性サイコメイカーの持ち主です。

 

地面にいるポケモンのエスパー技の威力が上昇し、先制技をシャットアウトすることが可能。

 

自身が弱点であるふいうちやグソクムシャのような先制技が主体となるポケモンを封じれます。

 

攻撃技はサイコキネシスやムーンフォースの他に、10万ボルトなどの電気技、きあいだま、エナジーボール、シャドーボールなどを覚えます。

 

変化技に関しては、スキルスワップで相手の特性を奪ったり、アロマセラピーで味方の状態異常を回復することも可能です。

 

カプ・ブルル

 

種族値

HP 攻撃 防御 特攻 特防 素早さ
70 130 115 85 95 75

タイプ/草・フェアリー

 

場に出た時に発動する新特性のグラスメーカーにより、地面にいるポケモン草ポケモンは毎ターン1/16のHPを回復し草技の威力が上昇、さらにじしん/じならし/マグニチュードのダメージが半減されます。

 

したがって、タイプ相性と特性の効果のおかげで、これまで対戦環境のトップメタであったガブリアスに滅法強いポケモンと言えます。

 

攻撃種族値130から繰り出されるウッドハンマーの威力は凄まじく、ウッドホーンでHPの回復も可能。

 

じゃれつくは覚えないものの(マジカルシャインは覚える)、サブウェポンにはばかぢから、しねんのづつき、いわなだれなどを覚えます。

 

さらにやどりきのタネも覚えるため、たべのこしを持たせた耐久型で使用しても面白いかもしれません。

 

着実に相手を削るしぜんのいかり(最大HPの1/2ダメージ)を使えるのも強みですね。

 

 

カプ・レヒレ

 

種族値

HP 攻撃 防御 特攻 特防 素早さ
70 75 115 95 130 85

タイプ/水・フェアリー

 

場に出た時に発動する新特性ミストメーカーにより、地面にいるポケモンは受けるドラゴン技のダメージが半減され、状態異常と混乱状態にならなくなります。

 

めいそうを覚えるので、これまでのスイクンに近いような戦い方ができます。

 

有利対面で状態異常に怯えることなくめいそうを積めるのはうれしいですが、その反面、ねっとう火傷の追加効果を期待することはできません

 

また、回復技であるねむるを覚えることができないのもスイクンと違う点になります。(仮に覚えたとしても特性発動中は眠ることは不可)

 

覚える技としてはムーンフォース、ハイドロポンプ(なみのり)、くさむすび、れいとうビーム(ふぶき)、などが挙げられます。

 

ダブルバトルで使用する場合、ミストメーカー発動中に味方にいばるをすることで、混乱状態にすることなく味方の攻撃力を2倍にすることが可能になります。

 

関連記事:【新伝説】4大カプ系モンスターの新技・新特性・タイプ・Zワザまとめ

 

ウツロイド

 

種族値

HP 攻撃 防御 特攻 特防 素早さ
109 53 47 127 131 103

タイプ/岩・毒

 

岩・毒は初めての複合タイプであり、パワージェムが念願のメインウェポンで使えるウルトラビースト。

 

毒技のヘドロばくだん/ヘドロウェーブの他には、電気技やくさむすび、マジカルシャインなどを覚えます。

 

クラゲのような外見をしていますが、水技・氷技は覚えませんので注意。

 

ガブリアスを抜ける素早さ種族値を持っているので、めざ氷も欲しいところかもしれません。(いのちのたま臆病c252で確定1発)

 

ステルスロックやパワーシェアーなども覚えます。

 

新特性であるビーストブーストが発動し、特攻が上がればかなり強いですが、物理耐久は脆いので先制技には注意が必要です。

 

マッシブーン

 

種族値

HP 攻撃 防御 特攻 特防 素早さ
107 139 139 53 53 79

タイプ/虫・格闘

 

攻撃と物理耐久に特化したウルトラビースト。

 

メインウェポンはばかぢからやアームハンマー、きゅうけつといったところでしょうか。インファイトは覚えません…。

 

サブウェポンにはれいとう/かみなりパンチ、じしん、どくづき、岩技などを覚えます。

 

今作から威力が50に上昇したとどめばりを覚えるので、新特性のビーストブーストと合わせて3段階の攻撃上昇も狙えます。

 

中途半端な素早さを補うためにスカーフでの運用も良さそうですが、とんぼがえりを覚えないのは少し残念な点です。

 

HP自体はそこそこあるので、低い特防を補うためにとつげきチョッキを持たせるのも良さそうですね。

 

 

フェローチェ

 

種族値

HP 攻撃 防御 特攻 特防 素早さ
71 137 37 137 37 151

タイプ/虫・格闘

 

デオキシスを彷彿とさせるような尖った種族値をしたウルトラビースト。

 

格闘技の最高打点であるとびひざげり・きあいだまを覚え、虫技むしのさざめきを覚えます。

 

サブウェポンのバリエーションは非常に乏しく、れいとうビームとどくづきくらいのもの。

 

いのちのたまを持たせた両刀での運用が望ましそうです。

 

またマッシブーンとは違いとんぼがえりを覚えるので、こだわりハチマキを巻いてとんぼを連打しているだけでも強そうです。

 

特性のビーストブーストが発動すれば無双状態も夢ではありませんが、耐久が紙なので先制技には注意が必要です。

 

 

デンジュモク

 

種族値

HP 攻撃 防御 特攻 特防 素早さ
83 89 71 173 71 83

タイプ/でんき

 

脅威の特攻種族値を誇るウルトラビースト。

 

電気技の他にはエナジーボールなどの草技やマジカルシャインを覚えます。

 

ガブリアスやボーマンダーなどを意識するならめざ氷も欲しいところかもしれませんね。

 

ウルトラビーストお馴染みの特性ビーストブーストに加え、自身の特攻を3段階上昇させるほたるびを覚えます。

 

フェローチェのように耐久が紙というほどではないので、隙があれば積めるかもしれませんが、シンプルにこだわりスカーフを持たせてボルトチェンジしてるだけで相手に負担をかけれそうですね。

 

カミツルギ

 

種族値

HP 攻撃 防御 特攻 特防 素早さ
59 181 131 59 31 109

タイプ/草・鋼

 

メガヘラクロスに迫る180超えの攻撃種族値に加え、素早さも109と早い部類に入るウルトラビースト。

 

草技のメインウェポンはリーフブレード、鋼技は新技であるスマートホーンしかなくまさかの威力70…。

 

サブウェポンに関しても、せいなるつるぎ、サイコカッター、シザークロスとどれも威力が控えめです。

 

特性のビーストブーストを発動させたり、高い物理耐久を活かし、物理アタッカーの前でつるぎのまいなどをなんとか積みたいところ。

 

持ち物に関して言えば、火力の底上げにはいのちのたま、おにび対策にはラムの実といったところでしょうか。

 

 

ネクロズマ

 

種族値

HP 攻撃 防御 特攻 特防 素早さ
97 107 101 127 89 79

タイプ/エスパー

 

ネクロズマはウルトラビーストの中でも唯一の600族であり、高い種族値を誇るポケモンです。

 

エスパー技の他には、パワージェムを始めとした岩技やじしん、あくのはどうなどがあります。

 

特性は他のウルトラビーストとは違い、プリズンアーマーという固有の特性があり、弱点ダメージが3/4倍に軽減されます。(特性ハードロックと同じ)

 

あさのひざしとつきのひかりといった回復技もあるので、バランスの良い耐久と特性を活かした耐久型もありかと思います。

 

ステルスロックやトリックルームも使えます。

 

また、専用技であるプリズンレーザーは威力160/命中100の反動のあるエスパー特殊技。いわゆるロマン砲ですね。

 

ネクロズマはレートでは使えないそうです

スポンサーリンク

-レート対戦, 新要素・仕様変更