ポケモンサン・ムーン(SM)〜バトルしようぜ!〜

ポケットモンスターサン・ムーンの対人戦に関する情報を中心にまとめたブログ

新要素・仕様変更

新特性「じきゅうりょく」 でメガガルーラ対策!ふくろだたきのコンボも強そう!

2016/10/28

 

ダメージを受けた時、防御力が1段階上がる新特性「じきゅうりょく」。

 

新ポケモンであるバンバドロが持っている特性で、うまく利用できれば対人戦でも使えそうな強特性のように感じます。

 

今回は、「じきゅうりょく」の使い道について考察していきます。

 

スポンサーリンク

アッキのみの強化バージョン

 

アッキの実は物理技のダメージを受けた時に防御を1段階上げてくれるアイテムですが、新特性の「じきゅうりょく」では公式の説明を見る限り、ダメージを受けた時に防御力が1段階アップする模様です。

 

つまり、物理技・特殊技の種類を問わずダメージを受けることで特性の効果が発揮されるのではと考えられます。

 

 

新たなメガガルーラ対策の可能性

メガガルーラ

特性じきゅうりょくは、メガ進化が登場して以来対人戦おいて猛威をふるってきたメガガルーラの対策としても期待できます。

 

メガガルーラの2回攻撃を受ければ、当然防御力も2段階上がることになるので、防御面では要塞になれます。

 

ねこだまし読みなどで繰り出せればかなりおいしいですね。

 

特性上、物理技の多い接触技との相性もよさそうなので、ゴツゴツメットなどを持たせても中々おもしろいかもしれません。

 

回復技があれば物理要塞になれる

 

特性「じきゅうりょく」を持つポケモンが回復技を覚えられる場合、場に長く居座ることができます。

 

物理アタッカーを止めやすくもなり、どくどくや積み技を使用してバトルを有利に進めることも可能です。

 

問題は回復技を覚えるかどうかですが、ほぼ全てのポケモンが覚えることができる「ねむる」を技マシンで覚えさせれば問題ないかと思います。

 

ねむる+カゴの実のコンボも強そうですね。

 

特性のじきゅうりょくがバンバドロ固有の特性かどうかは不明ですが、バンバドロはねむるの他に「なまける」あたりを覚えることができればかなり使い勝手が良いポケモンとなりそうですね。

 

技のダメージ以外にも特性は発動するのか?

 

公式の説明によるとダメージを受けた時に…と説明がなされています。

 

ダメージと言えば、相手ポケモンから受けた技のダメージ以外にも、ステルスロックやゴツゴツメット、どくややけどなどの固定ダメージも含まれます。

 

じきゅうりょくがこれらのダメージも特性の対象になっているかはかなり疑問ですよね。

 

もし対象になっているのであれば、特性が発動する機会は爆発的に増えます。

 

いのちのたまを持たせれば、火力アップ+防御力アップと攻守共に隙がなくなります。

 

ただ、固定ダメージも特性の対象になるのは少しやりすぎ感が否めないので、特性の適用はあくまで技のダメージのみのような気はします。

 

 

ダブルバトルで強力な「ふくろだたきコンボ」

 

ふくろだたきとは

自分を含む『ひんし』や状態異常でない『てもち』のポケモンの数だけ攻撃する。

出典:http://yakkun.com

 

悪タイプの技で、技の威力は使用者の種族値÷10+5で決定するそうです。

 

130族のポケモンが使用した場合でも威力は18にしかなりません。

 

ただダブル(トリプル)バトルのコンボで使う場合、見方を攻撃することになるので威力はむしろ弱い方がよいのです。

 

ダブルバトルを例に説明しますと、特性じきゅうりょく持ちのポケモンに相方のポケモンがふくろだたきをすることによって、1ダーンで合計4回のダメージ=防御力4段階アップを実現することができるのです。

 

従来から存在したふくろだたき+せいぎのこころコンボと要領は同じです。

 

 

スポンサーリンク

-新要素・仕様変更